スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

洗車した

独身も満喫したし、そろそろ嫁さん探そうかな 婚活はじめてみるか・・・
というmixi広告が毎日表示されて病みそうなボタンです。

さて、洗車タイム!
ただ、タイヤ交換だけはまだ。
だって、GWにスキー場いくので、正直不安でした。
みんなって、春スキーはノーマルタイヤで行くのかなぁ?

今回の洗車メニューは、下部洗浄とボディー洗浄とワックス、ガラス撥水加工と社内清掃です。


まず下部洗浄。
これはスタンドでしか行えないのでしぶしぶ洗車機へ。
下部洗浄のみの洗車機とかあったらいいのに・・・
あの高圧洗浄って、ぜったいに下部コーティング傷つけてるような気がする。


続いてボディーは洗車場へレッツゴー!
さすが平日だけあって混んでなかった。
300円で7分の水高圧洗浄のみ。
一時停止が出来るので、バケツに水入れて、時間にゆとり持って洗車できるのが良いです。
自宅用に高圧洗浄機欲しいなぁ~


今回使ったワックスはコチラ。
ワックスというよりコーティング剤ですね!
ゼロウォータ

http://item.rakuten.co.jp/slns/s-80/?scid=af_pc_etc&sc2id=67889001
☆ゼロウォータ☆

オートバックス行けば、トップエンドに置いてあるのですぐわかります。
特徴は、ガラス系コーティングなのですが、光沢、撥水ともに使えば使うほど効果が実感できるってところ。
洗車後のふき取りの際に、シュッシュしてふき取るだけなので超簡単。
価格は一本3000円。

これ、使い始め初期はまったく実感のないWAXだったんですが、3回くらい使ったら、けっこう光沢が増し、撥水もされてきました。
ただ、これ撥水性は強くないみたいですが、水垢とか付いても簡単に落ちました。
持続性は、数か月もすれば撥水は完全にドボンだけど、洗車すると水垢は絶対に残らないので、コーティング自体はとても長持ちしているように感じました。
冬は寒いから手洗い洗車を一切行わないのですが、洗車機だけで十分に綺麗になります。

なお、コレの上位版というか新製品版として、コチラもあります。

ゼロうおーた白

http://item.rakuten.co.jp/sp-shop/10004769/?scid=af_pc_etc&sc2id=67889001

こちらは上記のコーティング材の、撥水強化版です。
たぶん使うならコッチがいいのですが、去年の余りがあったんで緑のゼロウォータ使いました。
無くなったらコッチも併用しようかなって思います。


ちなみに自分が一番気になってるのがこのコーティング材です。

Wコーティング


http://item.rakuten.co.jp/one-zero/w01/

店には売ってないんですが、このコーティングには興味をそそられます。
ガラス系コーティングといったら、コレか上記ゼロウォータが人気なんですが、やっぱ愛車は「光沢」が欲しいところですよね。
そうするとこのコーティング材は超光沢と超撥水で、理想のコーティングとえいるんじゃないでしょうか?

店に売ってる固形ワックスは、油脂性なので、酸化すると水垢がビッシリ付く難点があるんですが、光沢は固形ワックスが最強だと思います。
しかし、水垢は正直防ぎようのない汚れなんですが、明らかに油脂性よりはガラス系のほうが水垢が残り難い感じします。
さらに施工性は圧倒的にガラス系のほうが楽です。

しかしまぁディーラーのガラスコーティングって、いったい何を使ってるんだろう?
新車施工時だと6万とられるけど、一年メンテで5000円のコーティング、ツヤツヤで新車の輝き失わないから凄いと思います。
一般販売してくれればいいのになといつも思います。


個人的にディーラよりも凄いと思ってるコーティングがコチラ。

「ナノグラスコート SV-9000」

車用の施工はコチラ
http://www.ngcj-headshop.com/index.html

家庭用の通販はコチラ
http://www.nano-gcj.co.jp/

価格はディーラのと同じで6万
車用は、一般販売してないそうで、施工料金が異常に高いです。
家庭用の壁とかに塗る用は、一本1万で買えます。

これは「ほこたて」で、最強のコート材vs最強の塗料で戦ったやつです。
結果はコート材の圧勝!
はやく車用も一般販売してほしです。



さて、次はガラスの撥水コートの時間。
フロントガラスは「ガラコ」塗ることにしました。
ボディー用をガラスに塗ってもいいとは書いてあるけど、
個人の実感では、耐久性、視界性は圧倒的にガラコが↑だと思います。

普段は、「アメットビー超耐久性(1年)」を使ってるのですが

amettobi.jpg


今回は気まぐれで「ガラコ (一年持続タイプ)」を購入。
で、ガラコ塗る前に、下地処理で「ガラスコンパウンド」も購入。

ガラコ下地処理

 ↓
ガラコ


ガラスのコーティングは、処理が非常に大事!
これを怠ると視界が悪くなり、ワイパーもビビります。

まずコンパウンドを洗車前に行います。
理由は、コンパウンドを洗い流す際にボディーにくっつくため。
洗車後のガラコ塗る前に行うと、せっかく洗車したボディーにコンパウンド付いてしまいます。また水で流さないとならなくなります。

ガラコを塗ると、よくワイパーがビビルとか、ギラツキが嫌とか言われますが・・
処理が適当だとそうなってしまいます。

コンパウンドを使って綺麗なガラスにしたあとに、「ガラコ」を塗って「空拭き」をしっかり行うことが大事。
この空拭きが大事で、適当にふき取ると残ってしまいます。

説明書通りに完全乾燥後に行うと、拭きとりが非常に困難になるのですが
個人的なやり方は、
ガラス一枚塗った後、液が乾燥し始めの白くなりかけた辺りで(完全に乾燥する前)拭きとりを行うと、楽に拭けます。
拭いた後、もう一度だけ別のタオルで強めに拭きとり(磨く感じ)すると、とてもツルツルします。

いままでこのやり方で雨の日のギラツキやワイパーのビビリは発生してないので、正しい方法だと思ってます。


なお、ガラコガラコ言ってますが・・・
正直、塗りやすさでは「アメットビー」のほうがダントツ塗りやすいです。
首振りヘッドのおかげで、サイドやリアのガラスを塗る際、ミラーとかに当たって塗れないってこともないし、ガラスの隅々まで塗れるのが良いです。

ガラコは、フロントガラスはいいけど、サイドとか、ガラスの隅々まで塗れないし、ミラーに当たると塗れないから、液をタオルにつけて再施工と面倒です。

ガラコとアメットビー、どっちが水弾きすごいかっていうと、どっちも変わりません!
どっちも45km/hでノーワイパーでOKとか書いてあるけど弾かないし、持続性も持続タイプ買えば半年は確実に撥水されるし。
つか、ノーワイパーはあり得ない!
高速道路ではワイパー要らないけど、街乗りでは補助要素でしかないガラコはワイパー使いましょうね!


はぁ・・・2時間近く掛けて洗車したの久しぶりだー
疲れたけど、この車の輝きは酔えるぜぇ~

余ったガラコ、だれか要らないか・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

bjhbtaaid@gmail.com

財布 クロエ

sakhjncp@gmail.com

ラルフローレン 偽物
プロフィール

ボタン♪

Author:ボタン♪
MHFは引退しました。
日常の日記や雑談、愚痴など
しょーもない事書いて生きていきます(/ω\)

ボタンの日記 バナー
ボタンの日記♪
楽天
MHF ブログランキング
MHF・攻略ブログ
動画のカテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。